スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
やっぱりストーンズ!
イッツ・オンリー・ロックン・ロールイッツ・オンリー・ロックン・ロール
(1999/03/25)
ザ・ローリング・ストーンズ

商品詳細を見る



カバーをモノにする・・・
しかもちゃんと、オリジナルをリスペクトする・・・
できそうでなかなかできません。
でも、このおじさんたちはちゃんとやるんです。
オリジナルのエッセンスをきちんと残してるんです!

これもいいです。
大好きです。
キースのギターはトコトン、キース・リチャーズですが
やっぱり、リズム&ブルースを表現しようとしてます。

きっとこの人たちは、もうちょっと年食うと
カバー・アルバムを出すはずです。
絶対マチガイありません。
まわりもやらせたいだろうし、何より本人たちが
やりたくてウズウズしてるはずです。
それにしても、エイミー・ワインハウス、ええ女やねえ・・・


ローリング・ストーンズエイミー・ワインハウス ”エイント・トゥー・プラウド” 】


ランキングに参加していますお気に召しましたら応援お願いいたします
にほんブログ村 音楽ブログ ブルースへにほんブログ村 動画紹介ブログ 音楽動画へ人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログランキング人気音楽BLOG音楽ブログランキング人気ブログランキング  Pネットバンキング とれまがブログランキング



スポンサーサイト

テーマ:ゴスペル/ブルース/R&B/ソウル/ファンク - ジャンル:音楽

【2008/08/10 12:39】 | R:ローリング・ストーンズ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ゴー・ゴークラブへ行こう!? | ホーム | ”単なる妄想さ・・・”>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://morganfieldcrossroad.blog102.fc2.com/tb.php/109-c0094b9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。